商品カテゴリー
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
上原こずえ「一人びとりが代表 崎原盛秀の戦後史をたどる」
販売価格 1,650円(内税)
購入数
  
〈目次〉
巻頭グラビア
はじめに

I 戦中・戦後の大阪での暮らし
 1 離郷 ヤマトへの期待と現実
 2 労働に明け暮れた少年時代、帰郷への不安

II 米軍統治下の沖縄へ
 1 引き揚げ・西原村での暮らし
 2 高校生活と就業経験
 3 琉大時代の記憶

III 教員時代 生徒や親たちとの交流
 1 私立中央高等学校での日々
 2 六〇年代 コザでの日々

VI 沖縄返還運動から毒ガス撤去闘争、金武湾闘争へ
 1 沖縄返還運動から毒ガス撤去闘争へ
 2 金武湾闘争への道程
 3 金武湾闘争の日々
 4 金武湾反CTS裁判 方法と主体をめぐる葛藤

V 一人びとりの闘い 主任制度、靖国裁判、島ぐるみ運動
 1 主任制反対闘争 学校管理強化に抗して
 2 一九八〇年代後半から九〇年代半ばの沖縄 くすぶり続けた運動と思想
 3 死んだ家族への思いと反国家 反靖国の思想
 4 新たな闘争のうねりのなかで

《対談》インタビューを振り返って(崎原盛秀、上原こずえ)
おわりに
謝辞

関連年表


  • 発行:琉球館(Ryukyu企画)

  • サイズ:B5判/266ページ

  • 発行年月日:2017年9月15日