商品カテゴリー
営業日カレンダー
簡単カレンダー powered by Rifnet
平積みコーナー
売れ筋商品
特集
ショップblog
お役立ち
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
商品詳細
仲里効「眼は巡歴する 沖縄とまなざしのポリティーク」
型番 03018
販売価格 3,024円(内税)
購入数
  
【第1部 琉球烈像】
ゼロに萌える 山田實の帰還とリアリズム
無名の造型と母たちへのレクイエム 比嘉康雄の「情民」の原像
”シジ”を運び、”シジ”を撮る、結界のメディウム
記憶の地図の測量士 大城弘明のイクサと時代
〈さよなら〉と〈さよなら〉の狭間で 森口豁のトポロジー

【第2部 琉球電影烈伝】
記憶と夢のスクランブル
 1 映画的な島 時代の欲望とまなざしのポリティーク
 2 1930年代 「南島」の発見から「南進」へ
 3 『海の民 沖縄島物語』 モンタージュされる東亜建設の夢魔
 4 戦後世代のねじれ 幻想の祖国日本と沖縄のこら
 5 『沖縄の十八歳』 「日本人/祖国論争」をめぐる葛藤
 6 『一幕一場・沖縄人類館』 円環する構造と沖縄戦後世代の履歴
 7 『謝花昇を呼ぶ時』 〈狂気〉で〈正気〉を撃つということ
 8 『ヤマングーヌティーダ』 青春と火照らせたものへの恋歌
   『遅すぎた聖断』 沖縄戦が問う天皇の戦争責任
 10 『ヒヤ・サ・サーハイ・ヤ』 移民の二重性と乗り継がれる主体
 11 『八月十五夜の茶屋』 占領の眼と〈翻訳〉遊撃性
 12 『そこに光を』帰還兵の心の闇を探探す
 13 『無言の丘』 〈無縁〉を〈優縁〉に換える第三号
地勢学的想像的と暴力の審級 『海燕ジョーの奇跡』をめぐる累進する〈南〉

【第3部 恋するEXO】
イメージの群島と光の詩学 東松照明と沖縄クロニクル・40年
ラブレターと徴発のインターフェース 〈沖縄へ/沖縄から〉の結び目
太郎の〈写真〉を見ることのジレンマ
〈一つの恋〉の終りのために
ヤポネシアはどこへ行った 播種、騙り取り、そして越境するEXO

あとがき


  • 著者:仲里効

  • 出版社:未來社

  • サイズ:四六版/294ページ

  • 発行年月日:2015年3月10日